わにだね。ブログ

趣味や気になったものについて雑記ブログを書いています。Twitterもやっているのでよければフォローお願いします!

棚卸しバイトは楽?きつい?仕事内容やメリットを解説!

f:id:wanidane:20190716072203p:plain

 

【棚卸し】飲食店などでバイトをしたことがある人の中には、もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

 

今回は「短期間でまとまったお金を稼ぎたい」「正直楽して稼ぎたい」「副業でがっつり稼ぎたい」そんな方たちに是非おすすめしたい棚卸しバイトを自身の体験を踏まえながら、みなさんに紹介したいと思います!

 

 

www.wanidane.com

仕事内容

 

「そもそも棚卸しってなにやるの?」そんな方も多いでしょう。棚卸しとは各お店に出向き、その店内の商品を数える仕事です。それだけ?と思うかもしれませんがそれだけなんです!笑

 

それぞれに配られるスキャナーを使い、お店にあるすべての商品のバーコードを他のスタッフと協力しながら読み取ります。

どんなお店に行くのかは薬局やコンビニなど会社によって様々です。私がバイトしていた会社は某洋服チェーン店での棚卸しでした。どんなお店に行くのか気になる人は電話やメールで直接聞いてみるといいかもしれませんが作業内容は特に変わりません。

 

 

給与・時給

 

 やはり一番気になるのは時給ですよね!業務時間が昼間か夜間かによって変わりますが、求人サイトを見てみると相場は大体こんな感じです↓

 

昼間 900~1100円
夜間 1300~1500円
 

私が働いていたところでは夜間の実働8時間、固定給で12000円でした(移動時間は固定給とは別に約1000円ほど移動費が出ました)。時給換算すると1500円になるので結構高めだったようです。早く終わっても固定給なので決まった金額がもらえ、延長した時はその分上乗せされました。

 

 

当日の流れ

 

 それでは私が実際に働いていた時の一日の流れを紹介します!
※あくまで一例です。会社によって多少異なります
 
18時 事務所集合
事務所に集合し車で各店舗へ向かいます(自分の車で現地に来る人もいました)
19時 現地到着・作業開始
大体1時間ほどで現地に到着。場所によっては移動に2時間かかることもありました
3時 作業終了
道具の置き忘れがないか点検、後片付け
4時 解散
事務所解散。事務所までの道程なら駅前など降りたいところで降ろしてくれました
おおまかな流れはこんな感じです。店舗までの距離が遠い時は少し早めの集合なんて日もありました。
 
 

メリットとデメリット

 

 経験者の私が感じた良かった点、悪かった点です
 
・メリット
 ・コミュニケーションがいらない
棚卸しは一人で黙々と商品をスキャンしていくので正直作業中は人と話している暇がありません。なので人とのコミュニケーションが苦手な人にもおすすめです
・誰でもできる単純作業
難しい作業一切なし!だた黙々と商品をスキャンするだけなので一人で作業するのが好きな人におすすめです
・時給が高いからがっつり稼げる
夜間の場合、深夜手当がつくので昼間の時給よりも多く稼げます。実働時間によっては一日1万円も楽々稼げると思います。
 
・デメリット
 ・ほこりがすごい
私が体験した棚卸し先の某洋服店では洋服を取り扱っているだけあってほこりがすごく鼻のムズムズが止まりませんでした。これから棚卸しを始める人はマスクを持参することをお勧めします
・移動中の事故が怖い
事務所から現地へは社員の方が運転してくれるのですが、早く終わればその分休めるので高速に入るとめちゃくちゃスピード出します!これがものすごく怖い!最初の頃はいつ事故になるかと気が気じゃなかったです笑
 
 

働いている人の特徴

 

・職種
学生・フリーターはもちろん副業として多くの人が働いています。
・男女比
詳しい男女比はわかりませんが私の経験上ちょうど半々といった印象でした
・年齢
20代の学生・フリーターを中心に30~50代。中には60代の方もおり幅広い年齢の方が活躍していました
 
 

まとめ

 

ここまでの内容を簡単にまとめると…
 
→作業が簡単
→短期間でがっつり稼げる
→単独作業でコミュニケーションが少ない
→ほこり対策のマスクがあると楽
 
私の体験をもとに棚卸しを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
 
少しでも役立てて頂けたら幸いです!
 
 
 
↓次にオススメの記事はこちら!↓

www.wanidane.com